女性がネット銀行を選ぶ理由、「手数料」「ポイント」を上回る第1位は?

密を避けたいコロナ禍においては、非接触・非対面型のサービスが拡大しています。それは金融サービスでも同様のようです。

株式会社こどもリビングが運営するシルミル研究所の「ウーマンリサーチ」が全国の女性会員1,665人を対象に行った「インターネットバンキングについての調査」によると、女性のインターネットバンキングの利用率は6割。5人中3人が利用していることになります。

調査結果には、女性がインターネットバンキングを利用する理由や、利用する際に重視したポイントなども含まれています。どのような内容になっているのか見てみましょう。

続きを読む

女性がインターネットバンキングを利用する理由は?

まず、インターネットバンキングを利用する理由のトップ3は以下の通りで、第1位は「銀行に行かなくてよい」でした。

1位「銀行に行かなくてよい」
2位「24時間利用できる」
3位「振り込み・振替が簡単にできる」

筆者もインターネットバンキングを利用していますが、やはり銀行に行かなくていいのが一番のポイントだと感じています。ネットなら自宅にいながらにして大概の手続きはできるので、銀行の営業時間に合わせたり、ATMで手数料がかからない時間帯を狙って、わざわざ店舗等に足を運ぶ必要はなくなります。

また、共働きの場合、仕事中はもちろん帰宅してからも何かと慌ただしく、女性がひと息つける時間となると夕食の片付けが終わった後ということになりがち。

その点、24時間利用できるインターネットバンキングは、いつでも手が空いた時に振込や振替の手続きができます。時短になること、場所を選ばないことにメリットを感じる女性も多いのでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。