プジョー、シトロエン、マセラッティ、ジープなど複数有名ブランドを擁するステランティスとはどんな会社か

MikeDotta/Shutterstock.com

プジョー、シトロエンといった自動車のブランド名を一度は聞いたことがあるかと思います。ただ、意外と「どういう企業が作っているのか」を知る機会は少ないものです。

例えば、プジョーはもともとコーヒーミルやペッパーミルなど、調理器具メーカーとして発足しており、1889年に同社が自動車を作るようになって以来、各事業が発展していきました。

今回は、プジョーをはじめとするブランドを擁するステランティスができるまでについてみていきます。また、国内での動向を知るために、グループPSAジャパン(Group PSA Japan)およびFCAジャパン(FCA Japan)の販売実績も確認していきます。

続きを読む

グループPSAからステランティスになった経緯を振り返る

まず、日本法人のグループPSAジャパンの沿革をプレスリリースなどをともに、ステランティスにまで至った流れを欧州と日本に目を向けて確認していきます。

  • 2016年4月:フランス本社が社名変更(PSAプジョー・シトロエン・グループ→グループPSA)
  • 2019年12月:フィアット・クライスラー・オートモービルズ(以下FCA)およびグループPSAの50:50の対等合併合意が発表
  • 2020年2月:日本法人が社名変更(プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社→Groupe PSA Japan株式会社)
  • 2020年7月:FCAとグループPSAの合併による新会社の名称を STELLANTIS(ステランティス) に決定
  • 2021年1月:合併が完了し、ステランティス誕生

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
當瀬 ななみ

東京大学文学部卒。大学卒業後、株式会社カヤックなどの複数のソーシャルゲーム企業でゲームの企画や運営・KPI分析に従事。現在はwebサービス・アプリを運用する、東証一部上場の事業会社に勤務し、サービス企画・ディレクション・KPI分析・担当サービスのP/L管理に従事。業務の一環として官公庁の統計データ分析・企業の決算分析などを行っていたことから、経済メディアに寄稿多数。webサービス・アプリの実績を分析し、それらが及ぼす影響についての解説記事を執筆。