ご自分が将来どのくらい年金をもらえそうか、ねんきんネットやねんきん定期便などで確認されている方もいらっしゃるでしょう。

老後に年金をどのくらい受け取れるかは、現役時代の働き方や年金加入状況によって一人一人ちがいます。

そこで今回は、『国民年金・厚生年金「ねんきん格差」の受給額』と題して、最新の年金受給額事情をみていきます。

「国民年金、みんなはいくらもらってる?」

フリーランス(自営業者)や専業主婦(夫)などは国民年金を受け取ります。

続きを読む

2020年12月に厚生労働省年金局が公表した「令和元年(2019年)度厚生年金・国民年金事業の概況」によると、国民年金の平均年金月額は5万5946円。

そのうち男性が5万8866円、女性が5万3699円となっています。

では、国民年金について、「どのくらいの金額を、どのくらいの人が」受け取っているかみていきましょう。

国民年金 年金月額階級別老齢年金受給権者数(男性)

  • 1万円未満…1万2693人
  • 1万円以上~2万円未満…6万803人
  • 2万円以上~3万円未満…22万1983人
  • 3万円以上~4万円未満…70万6206人
  • 4万円以上~5万円未満…134万5582人
  • 5万円以上~6万円未満…312万4529人
  • 6万円以上~7万円未満…849万4551人
  • 7万円以上…38万1323人

国民年金 年金月額階級別老齢年金受給権者数(女性)

  • ~1万円未満…6万6247人
  • 1万円以上~2万円未満…24万4695人
  • 2万円以上~3万円未満…74万63人
  • 3万円以上~4万円未満…226万4161人
  • 4万円以上~5万円未満…336万406人
  • 5万円以上~6万円未満…454万1337人
  • 6万円以上~7万円未満…598万7227人
  • 7万円以上…144万306人

国民年金の受給額には男女差はほぼないようですね。