50代おひとり様「貯蓄目標額」と「ホントの貯金額」

定年退職までのラストスパートともいえる50代は、リタイヤ後の生き方について具体的に考え始める人が多い時期かもしれません。

60代以降に働き続ける人を後押しする制度は、着々と整いつつあります。とはいえ50代を「現役生活の集大成」と位置付ける人は、依然として多数派ではないでしょうか。

今回は、そんな50代の中でも、単身世帯(おひとり様)のみなさんのお金事情について見ていきたいと思います。

「50代・おひとり様」の貯蓄事情

続きを読む

「50代・おひとり様」の貯蓄事情をみるまえに、「全世代の貯蓄事情」について把握しておきましょう。

金融広報中央委員会が公表している最新版「家計の金融行動に関する世論調査」では、世帯当たりの貯蓄額が以下のように示されています。

  • 金融資産保有額の平均・・・単身世帯:653万円(二人以上世帯:1436万円)
  • 金融資産保有額の中央値・・・単身世帯:50万円(二人以上世帯:650万円)

※金融資産を保有していない世帯を含む

では、「50代・おひとり様」の貯蓄事情を、ほかの世代と比べていきましょう。

世代別「単身世帯・金融資産保有額の平均額」

※金融資産を保有していない世帯を含む。 【  】内は同時調査における二人以上世帯の金額

20代(~29歳)…平均額113万円、中央値8万円    【平均額292万円、中央値135万円】
30代(30~39歳)…平均額327万円、中央値70万円  【平均額591万円、中央値400万円】
40代(40~49歳)…平均額666万円、中央値40万円  【平均額1012万円、中央値520万円】
50代(50~59歳)…平均額924万円、中央値30万円  【平均額1684万円、中央値800万円】
60代(60~69歳)…平均額1305万円、中央値300万円 【平均額1745万円、中央値875万円】

どの世代の平均額・中央値をみても、単身世帯は二人以上世帯より下回っていることが分かります。

とはいえ、年代が上がるにつれて、金融資産保有額の平均額・中央値が増えている点は、単身世帯・二人以上世帯に共通していますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。