ベテランシニアの70代、貯蓄の現状と今後の対策とは

MicroOne/Shutterstock.com

人生100年時代を迎えている今。

いまの70代はとてもお元気で、「現役世代に支えられる高齢者」というイメージは、もはや時代遅れかもしれませんね。

シルバー人材として労働力を発揮し、時に老々介護の担い手として家族を支える・・・などなど、シルバー世代が今後果たしていく役割は年々大きくなっているのではないでしょうか。

私は以前、生命保険会社でマネーセミナーの講師やマネープランニングのアドバイザーをしており、1000人以上のお客様のお金の相談を受けてきました。

続きを読む

まだまだ続く長い老後生活を支えるために必要なのは、やはりお金です。

相談では、老後資金を準備したいが、どうしたらよいか分からないという方が多くいらっしゃいました。

そこで今回は、70代の貯蓄事情の実態を確認し、老後までに効率よくお金を増やしていくために今から着手すべきことをお伝えしていきたいと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。