30代・40代は損な世代? 貯蓄の格差と働き方の変化がツラい

第4波が警戒されているコロナ禍。その中で日銀が3月17日に発表した資金循環統計によると、2020年末時点の個人(家計部門)の金融資産残高は1,948兆円で、2年連続で過去最高を更新。昨年、1人10万円の特別定額給付金が支給された分以上に個人の金融資産は増えているようです。

では、個人レベルでの貯蓄額やお金・仕事への意識は、コロナ前からどう変化したのでしょうか。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、30歳〜49歳の男女1,000人を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2021」を今年2月に実施しています。その結果を見てみましょう。

続きを読む

貯蓄額100万円以下が5割以上

まず、現時点でどのくらいの貯蓄ができているかを聞いたところ、図表1のような結果となりました。

図表1:現在貯蓄できているお金はいくらあるか?

拡大する

出所:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社調べ


【金額が少ない層の回答割合トップ3】(カッコ内は前回調査の結果、以下同)

  1. 「50万円以下」23.8%(26.9%)
  2. 「0円」16.7%(21.6%)
  3. 「50万円超~100万円以下」12.3%(12.1%)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。