気になる同世代の貯蓄額「みんないくらお金を持っているか」

自分自身の老後にいくら必要か

世代別の貯蓄額を中央値で見たとき、金融資産保有世帯、非保有世帯に関係なく、貯蓄額は1000万円に満たないことがわかります。

老後の生活を年金だけでやり繰りできれば問題はありませんが、「老後2000万円問題」などで話題になったとおり、老後は年金だけだと「2000万円足らない」ことがわかっています。

年齢を重ねると介護状態になる可能性も高くなりますから、不足額はさらに大きく増加すると考えられます。

例えば、LIFULL介護のホームページより「有料老人ホーム」の費用相場は下記のとおりです。

  • 入居時費用:540万円
  • 月額費用の相場(入居時費用あり):22万5000円
  • 5年間費用の合計:1890万円

※5年間というのは、入居されてから退去されるまでの平均入所期間です。

公的な介護施設は費用も安価で良いと聞きますが、その分入居を希望する人も多く、空きが出にくいため誰でも入れるわけではないという話も聞きます。

介護状態となり、公的な介護施設の空きがなく民間の施設を利用する場合は、上記で説明したとおり、ある程度まとまったお金が必要です。

また上述の施設費用は、入居する地域や施設の種類によっても異なります。首都圏ですと、施設によってはもっと費用がかかる場合も考えられます。

老後を迎えるにあたって、年金プラスアルファの老後資金また介護費用など、自分が必要だと考える費用を計算して把握しておきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。