人生100年時代の70代、いくら貯金が必要?お金を増やすコツ

70歳以上金融資産保有額(金融資産保有世帯)

  • 100万円未満:5.3%
  • 100~200万円未満:5.1%
  • 200~300万円未満:3.2%
  • 300~400万円未満:3.7%
  • 400~500万円未満:3.2%
  • 500~700万円未満:8.0%
  • 700~1000万円未満:7.7%
  • 1000~1500万円未満:14.6%
  • 1500~2000万円未満:9.8%
  • 2000~3000万円未満:12.8%
  • 3000万円以上:23.4%

平均:2208万円
中央値:1394万円

※平均とは対象数値の総和を個体数で除したもので、中央値とは対象の数値を単純に並べた際に真ん中にくる数値を指します。

このデータを見て分かることは、当たり前ですが、金融資産を保有している世帯の方が平均も中央値も、ともに金額が大きいことです。

老後を迎えるにあたっては、何らかの方法で貯蓄をして、しっかりと金融資産を作ることが必要であるということです。

また、データの見方ですが、上記に示しているように、平均よりも中央値の方が実勢に近い数値と言えます。

70代の貯蓄額の一般的な数値としては、それぞれ1000万円、1394万円ということになります。

では、この平均的な貯蓄額で残りの30年を過ごすことは出来るのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
佐藤 雄基

法政大学経営学部卒業後、大和証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人、法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約11年間従事する。大和証券退職後は、不動産ベンチャーのGA technologiesに入社。一貫して金融業界に携わり、豊富な金融知識を活かし、卓越した営業成績を残す。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。顧客のニーズを的確に判断し、専門的でありながらも、わかりやすいアドバイスが強み。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。