平均貯蓄額を比較「お金を1番貯めていない」【都道府県】はどこ?

貯蓄ができない理由とは

収入があっても貯蓄ができない理由はどこにあるのでしょうか。支出の違いを、先ほどの6都道府県のうち貯蓄がもっとも少ない山形県(貯蓄1,152万円/年収718万円)と、年収が平均以下にも関わらず貯蓄が多い三重県(貯蓄2,180万円/年収623万円)で比較してみました。

※総務省「家計調査 家計収支編 二人以上の世帯」1世帯当たり1か月間の収入と支出(2021年2月5日更新)より一部抜粋。

【消費支出】
全国平均:277,926万円
山形県:293,536万円
三重県:285,114万円

【食費】
全国平均:76,440万円
山形県:77,254万円
三重県:73,364万円

【水道・光熱費】
全国平均:21,836万円
山形県:29,590万円
三重県:19,790万円

【教養娯楽】
全国平均:24,285万円
山形県:22,462万円
三重県:26,012万円

食費の面では、山形県の方が野菜類・加工食品・酒類を含む飲料関係への出費が多い傾向でした。外食費では、三重県の方が若干高いです。また、もっとも差が見られたのは、住居関係での支出です。家賃地代は山形県の方が高く、また電気代・ガス代・他の光熱費・上下水道も平均よりすべて高い傾向にありました。

山形県は寒暖差が激しいため、電気代や灯油代がかさむこと、また水道代の高さから物価が押し上げられる傾向のようです。そのほか教養娯楽関係は三重県の方が出費も多く、山形県が決して浪費家というわけではない事実が見て取れます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。