70代以上の貯蓄額「老老格差のねんきん世代」

ktsdesign/shutterstock.com

2021年4月1日「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、働く側が希望する場合には70歳までの就業機会を確保することが各企業に努力義務として課されるようになりました。

還暦を過ぎても現役時代さながらに活躍なさるみなさんは既に増えています。さらにそれを後押しする制度が整いつつあることは頼もしい限りです。

これからの時代、70歳は老後の「ほんの入り口」となっていくのかもしれませんね。

そこで今回は、大多数の人が年金生活を送る「70代以上」の貯蓄事情について、最新版の調査結果をもとにながめていきます。

続きを読む

70代以上はどのくらい貯蓄を持っているのか

さいしょに、金融広報中央委員会の「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」から、70代以上の金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)に関するデータをみていきます。

70歳以上の金融資産保有額【二人以上世帯】

平均値:1786万円
中央値:1000万円

リタイヤ後の年金生活を送る方が大多数である70代以上の貯蓄額は、平均値で1786万円、中央値で1000万円でした。

※平均値は一部の「お金持ち層」によって引き上げられるため、中央値を参考にされると「実感」により近いでしょう。

次では、70歳以上・二人以上世帯の「金融資産保有金額」の分布を、金額ゾーンごとにみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。