【麻羽たんぽぽの4月12星座占い】金運よくするために今「やること」「やめること」

出費・投資・貯金・働き方、金運をみていきましょう。

4月は牡牛座に4つの天体(太陽、水星、金星、天王星)が集まるため、牡牛座が強調された形になっています。牡牛座はあらゆる物事の「価値」や「所有」、「欲」「五感」などを象徴します。

また水瓶座には土星と木星があり、特に土星は牡牛座にある4つの天体と緊張の角度をとります。水瓶座の土星は「未来志向な計画性」「効率的な進め方」「理想をカタチにする」等々を象徴し、世の人々の欲求に対して、何をするにも、そうすべきであるという雰囲気を醸し出しそうです。

例えば、新しい生活様式や長い自粛生活に疲れたり、思うところが出てきたりする頃、改めて見通しを立て、理想に向けてちゃんと進めなさいといった読み方ができます。もちろん、欲求も理想も、その感じ方も人それぞれなので、具体的な話は人によって異なってきます。

世の中の雰囲気はこんな感じですが、あなたの金運はどうなるのか、12星座別にご紹介しましょう。さっそく、あなたの星座から読んでくださいね。

2021年4月あなたの金運(12星座)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
麻羽たんぽぽ

和ハーブと森の占い師/(株)森と紙ひこうき代表取締役/(一社)はこねのもりコンソーシアムジャパン理事Webサービス系の企業で10年間、Webサービス企画に携わったのち、占いを学び、占い館等に出演。さらに西洋占星術の関連からハーブに興味を持ち、ハーブを学ぶ。「生活を楽しみ、こころ豊かに暮らすこと」をテーマに、3つの癒し「占い・ハーブ・森林」を研究し実践している。和ハーブコーディネーター、占い師(西洋占星術、タロット)、ハーバルセラピスト、森林セラピスト、産業カウンセラー。ラジオ番組「麻羽たんぽぽの 占いでわくわくワーキング」エフエム熱海湯河原(79.6MHz)にて放送中(第1・3月曜日14時)著書:和ハーブタロット