厚生年金&国民年金「いまどきシニアの受給額」

HappyPictures/shutterstock.com

ご自身が老後にどのくらいの年金をうけとれそうか、確認してみたことはありますか?

ねんきんネットやねんきん定期便などで確認されていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

老後の年金受給額は、現役時代の働き方、年金加入状況により個人差があります。

今回は『厚生年金&国民年金「いまどきシニアの受給額」』と題して、ふたつの年金制度の最新の支給額みていきます。

ねんきんのしくみ

「日本の年金制度は2階建て」と呼ばれることがあります。これは、ベースとなる「国民年金(1階部分)」と上乗せ部分である「厚生年金(2階部分)」、2つの年金制度で成り立っているからです。

続きを読む

「2階建て」のイメージ

2階部分「厚生年金」・・・公務員や会社員が「国民年金」に上乗せして加入
1階部分「国民年金」・・・日本国内に住む「20歳以上60歳未満」の全員に加入義務


そして、老後に受給できる年金は、以下のようになります。

国民年金だけ加入していた人(自営業、フリーランス、専業主婦(夫))

→「老齢基礎年金」(1階部分のみ)

厚生年金に加入していた人(サラリーマン・公務員)

→「老齢基礎年金」+「老齢厚生年金」(1階&2階部分)

 

私たちの老後生活を支える柱「公的年金」。その支給額は、現役時代の働き方や収入、そして年金加入期間などの実績により、個人差があります。

今回は、2020年12月に厚生労働省年金局が公表した「令和元年(2019年)度厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとに、現在のシニア世代がどのくらい年金を受け取っているのかをみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。