アニオタへの偏見は昔の話? 声優や漫画家に憧れる子どもたち

アニメ産業市場は2兆5000億円超に

icosha / Shutterstock.com

今の小学生はテレビだけではなく、YouTubeやSNSといった新しいツールから流行をキャッチしています。

そのため、趣味や話題が多様化し、クラスのほぼ全員が見ているテレビ番組や女子の大半が憧れるアイドルなどは激減。一方で存在感を増しているのがアニメや漫画です。

昨秋公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は幅広い世代で人気を集め、国内の興行収入記録を更新しました。小学生の間でも大ブームとなり、主要キャラクターを彷彿とさせる柄のマスクを付けた児童を見かけることも珍しくありませんでした。

続きを読む

ひと昔前には、アニメ好きや漫画好きはオタクという目で見られることも少なくありませんでした。しかし、なりたい職業に声優をあげる子が多くなるほどアニメや漫画業界への意識が激変しています。

女子中高生の「将来の夢」で声優や漫画家が上位に

ソニー生命保険株式会社が2019年に中学生や高校生向けに実施したアンケート「中高生が思い描く将来についての意識調査」では、女子中学生の1位が「歌手・芸能人・声優」。将来への夢がより具体的になる女子高校生でも3位にランクインしていました。

また、「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」も女子生徒に人気が高く、女子中学生では2位、女子高校生では8位でした。

日本のアニメや漫画は海外でも人気が高いことがメディアで紹介される機会が多いので、子どもたちも「身近だけど高く評価されているジャンル」「ニーズがある」と認識し、大人に近づく高校生も将来なりたい職業として思い描きやすくなっていると考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。