70代の貯金額はいくら?老後レスを防ぐための資産運用とは

Nataba/iStock

「老後レス」という言葉が最近話題になっています。

老後と呼べる生活はもはやなくなりつつある・・・そういう時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。

実際に、今年の4月に施行される改正高年齢者雇用安定法では、事業者は従業員が70歳まで就労できるよう高齢者が活躍できる環境を整備することが努力義務化されます。

近い将来、70歳まで働くことが当たり前になるかもしれませんが、一刻も早くゆとりのある老後生活を送りたいと思っている現役世代も多いはずです。

続きを読む

とはいえ、定年退職後も十分な蓄えがないと、結局労働を継続せざるを得なくなってしまいますよね。

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプラニングに関わってきました。

そこで今回は、70代以上の世帯の貯蓄額か「老後レス」にならないための資産運用について見てみたいと思います。

70代以上の平均貯蓄額と中央値はいくらか

早速、70歳代の平均貯蓄額と中央値を見ていきたいと思います。

金融広報中央委員会実施の「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」の結果によると、金融資産を保有していない世帯を含む70歳以上の世帯の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

平均貯蓄額:1786万円
中央値:1000万円

中央値とは、貯蓄額が少ない順、あるいは大きい順に並べたとき、全体の真ん中にくる人の金額を表しています。

平均値は一部の極端に貯蓄が多い人の額に影響されるため、値が大きくなりがちですが、中央値は大きい値に影響を受けることはありませんから、より実態を反映した値と言われています。

平均値と中央値で大きな差があることが分かります。

それでは次に貯蓄額別の世帯分布について見てみたいと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。