「定年60代」その貯金額で老後はホントに大丈夫か

copy URL

その貯金額で老後はホントに大丈夫?

ここまでながめてきたデータからは、金融資産を持たない世帯を含めた60代の貯金額の中央値は875万円。つまり、1000万円に満たないことが分かりました。

また「金融資産ゼロ世帯」と「金融資産3000万円以上世帯」が、それぞれ2割弱を占める、まさに貯蓄格差といえる状態であることも確認できています。

では仮に、この中央値の「875万円」という貯蓄額で、老後は何年くらい生活していけるのでしょうか。

先に結論からいうと「世帯によって異なる」といえるでしょう。

現役時代の収入やライフスタイル、さらには持家の有無といった諸事情は人それぞれだからです。

では、いったん視点を変えて「老後に必要な資金はいくらなのか」という切り口から考えてみましょう。

老後の生活に必要なお金はどのくらい?

公益財団法人生命保険文化センターが実施した「令和元年(2019)度 生活保障に関する調査」によると、老後を夫婦2人で過ごすための最低日常生活費の平均は22万1000円という結果に。

さらに「ゆとりある老後を過ごすための上乗せ額」として平均14万円必要である、という結果も出ています。この場合、月平均で36万1000円となるわけですね。

では、老後生活が30年続くと仮定して、「最低日常生活費」と「ゆとりある老後生活費」がそれぞれいくら必要となるかを計算してみましょう。

老後の最低日常生活費

22万1000円✕12ヶ月✕30年=7956万円

ゆとりある老後生活費

36万1000円✕12ヶ月✕30年=1億2996万円

どうでしょう、かなり大きな金額となりますね。

年金収入、そしておつとめの方は定年退職金が入ることを考慮しても、60代の中央値である「貯金875万円」では、ゆとりある老後生活を送れるケースはまれであろう、ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。