リクルートHDが一時▲8%弱安の急落! 日経平均株価は小幅続落

【東京株式市場】 2021年3月5日

その他では、株式相場の乱高下を背景にディフェンシブ銘柄にも見直し買いが入り、花王(4452)、資生堂(4911)、ユニ・チャーム(8113)などが大幅上昇となったことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • リクルートホールディングス(6098)

ファーストリテイリングが一時▲6%安に迫る連日の急落となり、日経平均株価一時大幅安の主要因となりました。

また、特段の悪材料が出たわけではないリクルートホールディングスが、株価の割高感を懸念されて一時▲8%安に迫る急落となり、終値も▲6%超安のまま引けています。

さらに、首都圏での緊急事態宣言が延長される見込みになったことなどから外食株が総じて下落し、とりわけ、スシローグループホールディングス(3563)など回転寿司株が売られましたが、下落は限定的でした。

その他では、仮想通貨の値上がり一服を受けてネット証券株が売られ、マネックスグループ(8698)が▲9%安に迫る急落となったことが目を引きました。

OneMile セミナー

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。