貯蓄ゼロでも「3ヶ月で10万円」貯める!ホントに効いた5つの食費節約術

貯蓄ゼロの世帯は、決して珍しい存在ではありません。金融広報委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」の調査から、16.1%の世帯が金融資産を持っていないことが分かっています。およそ6世帯に1家庭は貯蓄がないのです。

そこで今回は、そんな貯蓄ゼロ世帯でも「3ヶ月で10万円貯める」ための食費節約術をご紹介します。短期集中で節約リズムを身につけ、「貯め体質」を目指しましょう。

3ヶ月続けば変わる⁉節約上手な「貯め体質」に

3ヶ月の節約と聞いて「短いのでは」「将来的な資金は作れないんじゃないか」と考える人もいるかもしれません。ですが、現時点で貯蓄ができていない人は、知らず知らずのうちに浪費体質になっているおそれがあります。

まずは3ヶ月という短期で10万円という具体的な目標を掲げ、行動を起こすことに大きな意味があります。「30年後に1,000万円」というと途方もない目標に見えますが、3ヶ月で10万円なら達成可能な気がしてきませんか?

3ヶ月で10万円というと、1ヶ月で約3万3千円です。まずはスマホの契約内容や使っていないサブスクなど、意識せず支払っている固定費に目を向けてみましょう。場合によっては、そこで1万円近い節約が可能になることもあるのです。

さらにしっかり節約に取り組むために、今回は食費に注目。食費が肥大化している家計の場合、食費の見直しで2万円近く節約できることもあります。食費節約というと「食事を抜く」「量を減らす」などマイナス面のイメージが強いですが、それはもちろんNG。ポイントは「無駄をなくして食費をスリム化・栄養はしっかり摂る」ことです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。