大企業と中小企業の退職金「みんないくらもらっているか」

中小企業の会社員、退職金はいくらか

次に中小企業の退職金について見ていきたいと思います。

東京都産業労働局公表の「中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)」によると、従業員が10人~299人の東京都内の中小企業を対象にした調査の結果、「モデル退職金」(卒業後すぐ入社し、普通の能力と成績で勤務した場合の退職金水準)は以下のとおりです。

中小企業の退職金(大学卒、自己都合)

  • 勤続10年:113万5千円
  • 勤続15年:214万9千円
  • 勤続20年:353万4千円
  • 勤続25年:524万3千円
  • 勤続30年:705万9千円

中小企業の退職金(大学卒、会社都合)

  • 勤続10年:148万3千円
  • 勤続15年:266万円
  • 勤続20年425万円
  • 勤続25年:598万円
  • 勤続30年:785万6千円
  • 定年:1118万9千円

全体的にみても大企業の方が、退職金が多い傾向にあることがわかります。

また、最近では転職も珍しくない時代になりましたので、定年までの勤続年数によって退職金額が異なることも念頭に入れておく方がよいでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。