「国公立」「私立文系・理系」大学4年間の学費、相場はいくらか

Cherries/shutterstock.com

大学受験において、受験する学部選びは欠かせません。その際、興味関心と合わせて確認したいのが「学費」。後から慌てることがないように、事前にチェックしてみましょう。

学部別、学費の相場はいくらくらい?

大学在学中の4年間で支払う学費の合計額の相場を紹介します。学費に含まれているものは、大学ホームページで公表されている「入学金」、「授業料」、「各種諸経費」です。「各種諸経費」は私立大学のみで必要です。内訳は、「教育充実料」・「施設設備資金」・「実験実習費」・「学生健康保険互助組合費」・「父母会費」などです。

続きを読む

学費に含まれていないものは、受講する講義によって異なる「教科書代」、「一人暮らしをする場合に必要な諸費用」「留学をする場合の費用」です。学費に加えて、これらの費用もあらかじめ見積もっておく必要があります。

国公立

  • 242万5,200円
  • 医学部・歯学部・薬学部薬学科は349万6,800円(6年制のため)です。

国公立の大学は、文系でも理系でも4年制の場合、学費に違いはありません。原則としてどの大学も上記金額ですが、2点例外があります。

  1. 文科省が「授業料」(1年分)の標準額を53万5,800円と定めていますが、大学の判断でこの金額の120%まで増額を認めています。現在は一橋大学・東京工業大学・千葉大学・東京医科歯科大学・東京藝術大学と、一部の公立大学で標準額を上回る授業料を設定しています。詳細は各大学のホームページを確認してください。
  2. 公立大学では、大学所在地の地域外から進学する場合、「入学金」が高くなることがあります。金額は大学にもよりますが、地域内の2倍に設定している大学もあり、最高で30万円近く追加になることもあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学受験予備校でこれまでに約1000人の生徒の進路指導を担当。私立文系から国立理系、医学部、難関国立など、担当生徒の幅は多岐にわたる。現場の経験を生かし、「生徒、保護者、教育関係者を助ける情報を分かりやすく提供すること」をモットーに発信活動を行っている。