「Go To Eatポイント眠ってない?」くら寿司テイクアウトでお得にポイ活

まだまだ続くコロナ禍。首都圏などを中心に緊急事態宣言が延長された地区にお住いの方々は、会食などを自粛しているのではないでしょうか。外食や旅行を自粛するとどうしても主婦の負担となってくるのが家族の食事の支度です。「自分で作らずなにかおいしいものが食べたい」とテイクアウトやデリバリーを利用する方も多いと思います。

昨年「無限くら寿司」「無限ココス」などが話題になった際に付与されたGo Toポイント。「最後に利用したのはポイントが付与される駆け込み利用だった」という方も多いのでは。そんな方はくら寿司でお得にポイント活用をしてみてはいかがでしょうか。

眠ったポイントはない?

昨年秋に政府の事業として始まった「Go To Eat事業」。多くの飲食店に外食をする人たちが足を運び話題となりました。それは「無限くら寿司」や「無限ココス」などという言葉がうまれたほど。オンライン予約による「Go To Eat」のポイント付与キャンペーンは2020年11月に終了してしまいましたが、2021年2月現在、付与されたポイントはまだ使用することができます。皆さんの中には「ポイントが終了!」と大々的にアナウンスがあったことで、最後に付与されたポイントを使用することなく眠らせてしまっている方もいるのではないでしょうか?

2021年3月末までに使用したいGo Toポイント。そんな「睡眠ポイント」をコロナ禍でも上手に使う方法としておすすめなのが「くら寿司のテイクアウト」です。くら寿司では「Go To Eat」の際、オンライン予約を「EPARK(イーパーク)」からおこなうことができました。EPARKで予約をおこない付与されたポイントは、飲食したお店以外でも使用することができたため「くら寿司で食べて貯まったポイントでココスで食事をし、そこで貯まったポイントで和食さとで食事をする」といったいわゆる「無限」テクニックを利用した方も多かったようです。

ただ、2020年11月には「ポイントが付与される予約が終了」。ギリギリ駆けこんだという方の中には、「ちょうどその頃から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数が増えてきたこともあり、ポイントが付与される食事を最後にEPARKで予約をするのをいったんストップしてしまった」という方もいらっしゃったそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、日用品メーカーに勤務。宣伝・広報部門を担当し、 商品の魅力を伝える仕事を経験。 パブリシティ活動を中心としたテレビ・雑誌メディア媒体の対応を担当。現在もトレンドを取り入れた情報発信をおこなう。また、官公庁や一般企業にて経済系部署での事務補助、奨学金事務などを経験。その後、結婚・出産を機に2児の母ライターに。その経験を活かし、教育や進学のお金にまつわる記事や、家事・育児に関する気になる話題を中心に執筆。子育てでは「3歳までに1万冊」の読み聞かせ育児を取り入れるなど、あらゆる角度から家庭学習への取り組みを実践中。