「子供たちはコロナをどう思ってるの?」その不安と健気さ

まだまだ収束の気配が見えない新型コロナウイルス。子供たちの毎日の生活にも大きな影響を及ぼしています。

そこで今回は、幼稚園から小学生までの子供たちに、「新型コロナウイルス」についていくつか質問を投げかけてみました。子供たちはみんなそれぞれ「これから」について考えています。

子供たちの素直な、そしてポジティブな回答は、きっとあなたに勇気と元気をくれることでしょう。

子供たちが思う「新型コロナウイルス」

まず、子供たちが「新型コロナウイルス」についてどのような認識を持っているのか知りたくて、このような質問をしてみました。

続きを読む

Q「新型コロナウイルスって、どんな病気だと思う?」

子供たちの回答

  • 「ふたつの肺がやられる苦しい病気」(りょうすけくん/小学3年生)
  • 「終わりの見えない感染症」(あんじゅちゃん/小学3年生)
  • 「たくさんの人がどんどんかかっている怖い病気」(みおちゃん/小学1年生)
  • 「今のウイルスの中で一番ひどい病気」(ゆいちゃん/小学1年生)
  • 「丸くてチクチクがあって、体に入ったら病院に行かないといけない病気」(そうりくん/幼稚園年少)
  • 「インフルエンザのようだけど、感染力が強くて後遺症が残る人もいる」(アランくん/小学6年生)

子供たちはみんな「新型コロナウイルスは怖い病気である」という認識を持っていることがよくわかる回答でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、広告代理店に勤務。結婚、出産を経てライターに転職。以来、自らの妊娠中や子育て期間の経験をもとに、複数のメディアで「子育て」「生活」「人間関係」「ライフハック」に関するコラムを執筆中。