「ウチの親は大丈夫 ?」貯蓄ゼロの高齢夫婦はどのくらいいるか?

世帯主の年齢が70歳代の世帯

  • 金融資産非保有:31.1%
  • 100万円未満:3.4%
  • 100~200万円未満:2.8%
  • 200~300万円未満:3.5%
  • 300~400万円未満:3.7%
  • 400~500万円未満:1.9%
  • 500~700万円未満:6.2%
  • 700~1000万円未満:6.4%
  • 1000~1500万円未満:8.2%
  • 1500~2000万円未満:6.0%
  • 2000~3000万円未満:8.4%
  • 3000万円以上:11.1%
  • 無回答:7.2%

驚くべきことに、60歳代の世帯の約5人に1人、70歳代は約3人に1人が貯蓄なしと回答しています。

この貯蓄には、預貯金以外に生命保険や有価証券も含まれています。これだけ高い割合の人が、貯金も保障もなく生活しているということがわかります。

高齢世帯の困窮ぶりが時々ニュースで流れることがありますが、決して他人事ではなさそうです。我々もこのような状況を深刻に捉え、考えていかなければとつくづく思います。

貯金ゼロ高齢夫婦の心配ごとは他にもある

高齢夫婦が抱える問題はお金だけではありません。

冒頭でご紹介した認知症もそうですが、病気などの不足の事態にも備えなくてはなりません。高齢になると病気になる可能性が高くなるからです。

例えば、日本人の死因の第1位である悪性新生物(ガン)は、今や日本人の2人に1人がかかる時代です。

ガンにかかると、入院費もそうですが、最近では治療のための通院費、健康保険適用外の先進医療の技術料、抗がん剤にかかる費用など、様々な費用がかかります。

これはガンに限ったことではありません。その他の病気でも同様です。

誰しも、自分のことなら我慢できたとしても、大切なご家族やパートナーに万が一のことがあれば、できる限りのことはしてあげたいと思うものです。

病気になったとき、治療をお金で諦めないためにも、万が一の時に備えて貯蓄をしておく必要があると言えるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。