「スペルミス」ビールは逆に価値あり?高値で売れるエラーたち5選

エラーコイン

エラーアイテムの代表格といえば、やはり「エラーコイン」です。例えば現在日本で流通している50円玉には、真ん中に穴が開いていますよね。でもその穴がずれてしまうことがあります。おそらく硬貨をつくる過程でのハプニングだとは思うのですが、それが非常に珍しいことなのです。筆者が知っている中でヤフオク!出品の最高額は280万円です(※2)。かなり形が変形した1円玉でした。

他にも印刷ミスのエラー紙幣もあって、1,000円札が2万円以上で落札された例もあります。

※メルカリではお金は出品禁止ですが(過去に「1万円札問題」がありました)、ヤフオク!は価値のあるアンティークやコレクションとしての貨幣の出品は可能です。

エラーカード

『ビックリマン』や『遊戯王カード』などでもエラー品があります。例えば印刷が間違っていたり、ずれているカードです。ヤフオク!の過去の落札相場を見てみると、『ビックリマン』シールでは、印刷がずれているシールが1万円を超える値段で取引されていました(※3)

『遊戯王』のカードに関しては、高いものになると30万円を超えます(※4)。ただ仮にそんなカードを持っていても、素人だとそれがエラーだと気づかないこともあるのではないか…とちょっと思ってしまいました。

切手やはがき

切手は通常の切手でもコレクターが多いアイテムですが、エラー切手となると値段が違います。過去には、17万円で落札された切手もあります。この切手(※5)の場合、背景は本来は緑色なのですが、白色になっています。これがエラーとなって、かなりの価値が出ました。

ちなみに、過去には年賀はがきで羊の足が5本に印刷されていたこともありました(※6)。残念ながらこのはがきの出品は確認できていません。もし出品されたらいくらになるのかは気になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ