ウチの親の年金が少ないワケ。低年金・無年金はこうして起こる

umaruchan/shutterstock.com

「老後生活は、自分たちの年金や貯蓄でやりくりするもの」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、なかには年金だけで生活できず、子ども側が不安を抱えているケースも珍しくありません。

ネット上でも、「老齢になった自分の親が、年金をほとんど貰っていないことが判明した」「いつかは、子である自分が援助をしないといけないかも」といった悩みが見受けられます。

なぜ、このような状態に陥ってしまうケースがあるのでしょうか。その原因と対策をみていきましょう。

続きを読む

年金の「平均受給額」と「金額の分布」

子どもの側である現役世代のなかには、将来受け取る具体的な年金額を把握していない方も多いのではないでしょうか。そこで、まずは厚生労働省の「令和元年(2019)度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとに、現在の年金事情をのぞいてみましょう。

このデータによると、厚生年金に加入している人の平均年金月額は、全体で14万4268円(うち男性が16万4770円、女性が10万3159円)となっています。

また、国民年金に加入している人、もしくは専業主婦(主夫)がもらえる平均年金月額は全体で5万5946円(うち男性が5万8666円、女性が5万3699円)でした。

この金額をみて、「周りはこれだけもらえているのに、なぜうちの親は低年金なんだろう」と疑問に感じた方もいることでしょう。ではここで、厚生年金、国民年金それぞれの金額の分布もみていきます。厚生年金保険(第1号)(※1)と、国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)の受給権者数の分布をみていきます。

厚生年金保険(第1号)老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)

  • 5万円未満       … 46万6077人(2.92%)
  • 5万円以上10万円未満 … 331万8045人(20.75%)
  • 10万円以上15万円未満 … 479万6376人(30.00%)
  • 15万円以上20万円未満 … 478万2847人(29.92%)
  • 20万円以上25万円未満 … 231万2667人(14.47%)
  • 25万円以上30万円未満 … 29万2942人(1.83%)
  • 30万円以上      … 1万8005人(0.11%)

国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)

  • 1万円未満…7万8940人(0.24%)
  • 1万円以上2万円未満…30万5498人(0.93%)
  • 2万円以上3万円未満…96万2046 人(2.92%)
  • 3万円以上4万円未満…297万367人(9.00%)
  • 4万円以上5万円未満…470万5988人(14.26%)
  • 5万円以上6万円未満…766万5866人(23.24%)
  • 6万円以上7万円未満…1448万1778人(43.89%)
  • 7万円以上…182万1629人(5.52%)

どちらも、平均年金月額から離れたゾーンに該当している人が存在します。なかには、厚生年金が5万円未満、国民年金が3万円未満というケースも。このように、十分な収入とはいえない低年金の人も一定数いるのが現状なのです。

(※1)厚生年金(第1号)
厚生年金保険の被保険者のうち、民間の事業所に使用される者。(企業年金連合会HPより

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。