ワクチン国内量産報道でJCRファーマが大爆騰! 日経平均株価は大幅反落

【東京株式市場】 2021年1月28日

copy URL

その他では、国会予算員会において野党が度重なるGo To トラベルへの予算計上撤回を迫ったにもかかわらず、菅首相が頑なに(遠回しで)拒否。

これがGo To トラベル事業への期待感に繋がり、日本航空(9201)とANAホールディングス(9202)が大幅高、東海旅客鉄道(9022)などJR株も大幅上昇、エイチ・アイ・エス(9603)は+9%弱高へ急騰したことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • 東京エレクトロン(8035)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • エムスリー(2413)

年明け以降、シャープと共にやや過熱気味の株価上昇が続いていたパナソニック(6752)が、物足りなさが残った米国テスラ社の決算発表などを材料に売られ、一時▲5%安に迫る急落となりました。この日はシャープと明暗を分けたようです。

また、同じハイテク株では、東京エレクトロン、アドバンテスト(6857)、富士通(6702)、村田製作所(6981)などが総崩れで大幅安となり、ルネサスエレクトロニクス(6723)は一時▲8%安に迫る急落となっています。

マネイロセミナー

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。