かわいすぎる!SNSで話題、カルディの絆創膏みたいな「チョコエイド」

「CHOCO-AID(チョコエイド) ミックスティン」(左)「CHOCO-AID(チョコエイド) ラウンドティン」(右)(筆者撮影)

カルディコーヒーファーム(KALDI)の店舗は独特で、ちょっと狭い通路に天井近くまでディスプレイされた食品や雑貨で溢れています。それが買い手のワクワクにつながっているのでしょう。思わず「なんだろう」と思って興味を持ってしまう商品も少なくありません。購入までの導線を上手に作っているカルディでこんな可愛らしいチョコが話題となっています。絆創膏や薬のようなチョコ、「チョコエイド」です。

カルディの運営会社は、「カルディ」ではない

続きを読む

「カルディ」と呼ばれて親しまれている「カルディコーヒーファーム」を運営しているのは、「カルディ」ではありません。筆者もずっと勘違いをしていたのですが、(株)キャメル珈琲という会社です。設立は1977年9月で、2019年8月期の時点で、従業員は9,700人(パートタイマー8,200人含む)となっています。カルディコーヒーファーム自体は、 2019年8月現在国内に448店舗あります。キャメル珈琲グループは「地球にいいことしてる?」をモットーにしている会社です。だからこそ産地に拘ったコーヒーや食品、世界中の美味しいものを集めた店舗を展開しているのかもしれませんね。

絆創膏やお薬型、思わず苦笑いのチョコ

カルディの思わず笑顔になってしまう「チョコエイド」。今回は2種類を紹介していきます。

「CHOCO-AID(チョコエイド) ミックスティン」の中身

カルディ「チョコエイド ミックスティン」(筆者撮影)

カルディ「チョコエイド ミックスティン」パッケージも可愛い (筆者撮影)

可愛らしいピンクの缶が「チョコエイド ミックスティン」。中に入っているチョコもピンクです。味はイチゴ味。

カルディ「チョコエイド ミックスティン」イチゴ味のチョコ (筆者撮影)

6枚入りでした。絆創膏型4枚と、ミニ絆創膏型が2枚です。筆者が購入した1月中旬には税込410円です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ