人生100年時代、70代で平均貯金額はいくらか

Aleksei Morozov/iStock

平成29年12月に厚生労働省がまとめた「人生100年時代構想会議 中間報告」に、衝撃的な内容が記されています。

ある海外の研究を基にすると、2007年に日本で生まれた子供の半数は107歳より長く生きると予想されていて、日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えているというのです。

皆さん、これを聞いてどう思いますか。

ひょっとしたら「たくさん生きられて嬉しい」と感じる人よりも、「そんなに長く生きなくてはいけないのか」と、老後を不安に思う人の方が多いかもしれません。

続きを読む

うんと頑張って70歳まで働いても、そのあと30年も老後生活があることを想定すると、どれくらい貯蓄をすべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプラニングに関わってきました。

そこで今回は70代の平均貯金額を見ていきながら、老後への備えについて見ていきたいと思います。

人生100年時代、70代で平均貯金額はいくらか

それでは早速、70代の平均貯金額について見ていきたいと思います。

金融広報中央委員会実施の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」の結果より、金融資産保有世帯における70歳代の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

※貯蓄額には預貯金の他に生命保険、有価証券等の金融商品も含まれます。

  • 平均貯蓄額:1978万円
  • 中央値:1100万円

一方で、金融資産を保有していない世帯を含む、70歳代の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

  • 平均貯蓄額:1314万円
  • 中央値:460万円

中央値とは、貯蓄額が少ない順、あるいは大きい順に並べた時、全体の真ん中にくる人の値(金額)を表しています。

平均値は、一部の極端に貯蓄が多い人の額に左右されてしまうので、値が大きくなりがちですが、中央値は金額で値が左右されることはありません。より実態を反映した値といえます。

貯蓄額でみると、金融資産保有世帯においては、平均貯蓄額、中央値ともに1000万円以上の金融資産を持っていることがわかります。

一方で、金融資産を保有していない世帯を含む平均値は460万円です。

毎月5万円を切り崩すと、7年半で使い切る計算になります。これでは人生100年時代において、少々心もとないと言わざるをえません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。