「共通テストの問題集」今はまだ売らない方がいい理由

pong-photo9/shutterstock.com

2021年1月16日と17日に、大学入学共通テスト(以下、共通テスト)が行われました。国公立の大学や一部の私立大学の受験に必要とあって、53万5,244人が出願をしています(※)。多くの受験生は共通テスト対策として問題をひたすら解いたと思うのですが、試験が終わった今、その問題集はどうなっているのでしょう。売るという考えもあるでしょうけれど、タイミングは今ではないかもしれませんよ。

使い終わった問題集が山積みに

続きを読む

共通テストは、2020年までは「大学入試センター試験」と呼ばれていました。筆者ももう30年近く前に受けていて、そして2021年は筆者の息子が受験をしています。今回は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)があり、「無事に受験ができる」というだけでありがたい。親としてはそんな気持ちになりました。

共通テストが終わり一段落した息子の部屋には、これまで使ってきた問題集が山積みになっています。筆者には高校1年生の娘がいるので、その問題集の一部は娘が使うことになりそうですが、あまりにも量が多いため部屋の整理のためにも売ることも考えています。

売る場所はもちろんフリマアプリです。理由は書き込みなどがあって、古本屋さんでは買い取ってもらえない可能性が高いこと。そしてフリマアプリの方が高く売れると思うからです。ただ売るタイミングは今ではないと、筆者は考えています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ