日経平均株価の28,000円台回復は約30年5カ月ぶり、ソニーなどハイテク株が上昇!

【東京株式市場】 2021年1月8日

株式市場の振り返り-日経平均株価は約30年5カ月ぶり28,000円台、高値引けの大幅続伸

2021年1月8日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 28,139円(+648円、+2.4%) 大幅続伸
  • TOPIX 1,854.9(+28.6、+1.6%) 大幅3日続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,235.6(+21.2、+1.8%) 反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,725、値下がり銘柄数:384、変わらず:77
  • 値上がり業種数:30、値下がり業種数:3
  • 昨年来高値更新銘柄数:127、昨年来安値更新銘柄数:2

東証1部の出来高は13億8,916万株、売買代金は3兆1,190億円(概算)となりました。

出来高は前日より減りましたが、売買代金は増加しています。米国株式相場の大幅高を受け、東京市場でもリスクオンモードが強まりました。また、この日はミニSQ算出に伴う嵩上げもあり、売買代金は3兆円を超える活況となりましたが、出来高は意外にも減少しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移し、約30年5カ月ぶりに28,000円台を回復しました。後場に入っても“買いが買いを呼ぶ”展開となり、最後は高値引けの大幅続伸となっています。取引時間中の高値は28,139円(+648円、昨年来高値更新)、安値は27,667円(+177円)となり、値幅(高値と安値の差)は約471円でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。