もらえる額が増えるかも!?「国民年金」知っておきたい3つの制度

その3 国民年金基金に加入する

付加保険料と同じく「国民年金第1号被保険者」または「任意加入被保険者」(65歳以上の方を除く)に該当する方は、「国民年金基金」に加入することができます。これは、厚生年金に加入していない自営業者などが、国民年金(老齢基礎年金)に上乗せできる公的な年金制度のこと。ただし、国民年金基金の保険料に付加保険料相当が含まれているため、国民年金基金と付加年金の併用はできません。

番外編 国民年金「前納割引制度」を利用する

こちらは、受給額アップにつながる制度ではありませんが、6カ月分や1年分、2年分の国民年金保険料をまとめて支払えば、「前納割引制度」によって割引が適用されます。毎月納めた場合と比べた割引額は、以下の通りです。

<前納割引額(2021年1月8日現在)>

6カ月前納

  • 口座振替の場合・・・1,130円
  • 現金・クレジットカード・・・810円

1年前納

  • 口座振替の場合・・・4,160円
  • 現金・クレジットカード・・・3,520円

2年前納

  • 口座振替の場合・・・1万5,840円
  • 現金・クレジットカード・・・1万4,590円

参考:日本年金機構「国民年金保険料の「2年前納」制度

このように、現金・クレジットカード払いより口座振替の方が、割引額が多くなっています。また、毎月納付においては、納付期限より1カ月早く口座振替で納付する「早割」を活用して年間600円(月50円)の割引を受けることも可能です。まとめて支払うお金が手元にある方は、こうした方法でお得に支払うのもおすすめですよ。

なお、前納できる期間は毎年限られています。2020年度分の2年前納と1年前納の申込みはすでに終了しているため、2021年度分に申込みを間に合わせたい方は、事前に時期をチェックしておきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。