年収400万円と年収1000万円稼ぐ人「思考の違い」

2020年は、コロナ禍の影響により経済面にも大きな衝撃が走りました。「我が家の年収が1000万円くらいあれば、経済的不安とは無縁で生活していられるのに」とつい考えてしまう人もいるようです。

国税庁が令和2年9月に公表した「令和元年度 民間給与実態統計調査」によれば、日本の年間平均給与は436万円。年収1000万円とでは倍以上の差があり、「きっと高額所得者はものの考え方も生き方も違うんだろうな」と思ってしまいそうですよね。

そこで今回は、年収400万円と年収1000万円の人とでは思考にどのような違いがあるのかを検証します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

企業におけるCS向上戦略や従業員育成の講師業経験を活かし、ビジネス誌におけるコミュニケーションスキルやビジネスマナー関連の連載経験、戦国武将の生き方にヒントを得た現代人への仕事エッセイの連載経験あり。また、ストレスフルな現代における「癒し」を追求し、ヨガインストラクターとしても活動中。執筆におけるモットーは、「読んだ後に何かひとつでも気づきを提供できる文章を書く」。