富裕層に学ぶ、お金持ちになる人に共通する4つの特徴

年始に1年の目標を立てる、という人も多いでしょう。中にはお金に関する目標もあるかもしれません。そんなとき、お金持ちの人のマネをすることができたらお金持ちになれるのでは、と思う人もいるのではないでしょうか。

実際にはそこまで単純なものではないかもしれませんが、自分にマネできる部分を積極的に取り入れて自分なりの努力を重ねることができれば、お金持ちに近づけそうですよね。

そこで今回は、仕事柄、富裕層に接することの多い筆者が見た、お金持ちになる人に共通する特徴について紹介します。

続きを読む

流行やトレンドをキャッチするのが早い

お金持ちになる人はトレンドをキャッチするのが人一倍早いという特徴があります。世間の動きの一歩も二歩も先を行っているような感覚ですね。トレンドを早くキャッチできるのは、それだけアンテナを張っているということですし、いろんなことに興味関心を持つというのも共通点です。

人間は興味のない情報を積極的にキャッチすることはできません。常にどういう情報をキャッチするかを無意識のうちに選んでいるのです。

トレンドを素早くキャッチして自分のビジネスにどう生かせるかを考えられる人は、やはりほかの人から注目を浴びます。ときにバッシングを浴びることもありますが、彼らにとってはそんなことはどうでもよさそうに見えます。

「今に見ておけ、すぐに世界が変わるから」という感じでビジネスに取り組むのです。筆者も、こういうスタンスの人がお金持ちへの階段を駆け上がっていくのを何度も目撃しています。

健康に対する意識が高い

お金持ちの人たちに共通することの一つに、健康に対する意識がとても高いということがあります。健康に関するウンチクを語る人もいますし、何かしらスポーツをしている人がほとんどです。

体が資本だからと健康に気を使っている人もいれば、スポーツによって自分を追い込んでいるような人もいます。ある中小企業の社長は毎朝4時半に起きて10~15キロを走っていました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。