子どもの教育費、ママたちは毎月いくら貯金しているのか

fizkes/shutterstock.com

結婚をして子どもが生まれると、その子のために貯金をスタートする夫婦も多いことでしょう。特に子どもの教育費は金額も大きいので、長い時間をかけてコツコツ貯めていくことになりそうです。そこで今回は、子どもの教育費への不安や実際の貯金額について、㈱インタースペースが行なった「子どもの教育費と児童手当に関する実態調査」をもとにして見ていきます。

子どもの教育費で不安を抱えるママは8割以上

㈱インタースペースが運営する「ママスタまなび」では、「子どもの教育費と児童手当に関する実態調査」を行いました。まず子どもの教育費に不安があるか?と質問をしたところ、「非常に不安を感じる」が34.0%、「やや不安を感じる」が51.9%で、85.9%のママたちが不安に感じていることがわかりました。

続きを読む

拡大する

子どもの教育費について不安を感じるか(出典:㈱インタースペースの調査より)

子どもの教育費が不安な理由は?

子どもの教育費について不安に感じる理由としては「教育費がいくら必要になるかわからないから」が最も多く76.3%、次いで「収入が維持できるか分からないから」が49.3%、「貯蓄が苦手だから」が27.3%となりました。

ちなみに、平成30年に行った文部科学省の調査によると、子どもの学習費総額(学校教育や学校外活動のために1年間に使った金額)は以下のようになっています(※)

幼稚園の学習費総額

公立幼稚園 22万3,647円
私立幼稚園 52万7,916円

小学校の学習費総額

公立小学校 32万1,281円
私立小学校 159万8,691円

中学校の学習費総額

公立中学校 48万8,397円
私立中学校 140万6,433円

高等学校の学習費総額

公立高等学校(全日制) 45万7,380円
私立高等学校(全日制) 96万9,911円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションの専門家)

フリマアプリ・ネットオークションの専門家。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。
現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、
ユーザーとして出品や購入の経験を積む。
家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。
高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。