「悠々自適の老後」はもう死後!?60代の約6割が働いているってホント?

「旦那が60歳になって定年した後、悠々自適な年金生活を送っている人は、果たしてどれくらいいるのだろう?」再来年60歳になる夫を持つ51歳の主婦Aさんは、コロナ禍、さらに老後が不安になっているようです。会社の定年は60歳ですが子供の教育費が掛かるので、再雇用制度を利用して働き続けることを考えているようです。

昔の60代に比べると今の60代は若々しく「バリバリ働いている人が結構いるんじゃないか?」と考えてしまいますが、実際はどれくらいの割合の人が働いているのでしょうか。

独立行政法人労働政策研究・研修機構『60代の雇用・生活調査』結果(対象:60~69歳の5,000人、調査時期:2019年7月~8月)によると下記のような結果になっています。※以下、調査結果は上記の調査を参照にします。

仕事をした: 59.0%
仕事をしなかった:41.0%

約6割の人が働いているという調査結果ですが、その人たちはどのような働き方をしているのでしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。