「貯蓄家」って、年収の何割くらい貯めている?

RomoloTavani/shutterstock.com

2020年も残すところあとわずか。コロナ禍で家計を取り巻く環境が激変し、お金の使い方や貯蓄のスタイルについて改めて見直しをした、というご家庭も多かったかと思います。そんな年の瀬。今回は、「貯蓄家」と「浪費家」の境界線、にフォーカスしていきます。

お金を貯めるのが上手な「貯蓄家」タイプと、ついつい使ってしまう「浪費家」タイプ。この違いって、一体どこにあるのでしょうか。

世間が考える「浪費家」「貯蓄家」

さいしょに、松井証券株式会社が実施した「老後資金に関する調査(※)」の、貯蓄に関する設問の結果をごらんください。世の中が考える「浪費家」「貯蓄家」のイメージが明らかとなっています。

続きを読む

ここでの基準は、「年収に対する貯蓄の割合」です。年収のうち何割くらい貯めることができるかという点で「浪費家」「貯蓄家」のイメージを集計しています。回答結果は以下の通りです。

  • 「浪費家」…貯蓄が年収の10%以下
  • 「一般的」…貯蓄が年収の11~29%
  • 「貯蓄家」…貯蓄が年収の30%以上

※松井証券調べ(データは中央値で集計)

年収のうち、1割しか貯めることができなければ浪費家だというイメージがあるようです。年収400万円であれば、貯蓄額が0~40万円に該当します。

ただし、家族の人数や税金・社会保険料は考慮されていない状態でのイメージですので、単純に年収に対する割合だけでの判断は難しいケースもあるでしょう。それでも毎年、貯蓄の計画をする際に、1つの目安にしてみてはいかがでしょうか。

【参照】
※「世代別の老後資金に関する実態を発表」松井証券株式会社調べ(2020年10月22日発表)PRTIMES
調査方法:インターネット調査(調査時期:2020年9月)
調査対象:子どもと親のいる全国の20-60代男女、計800 名(男性400名/女性400名)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。