「無年金・低年金」を、どう避ける?

ITTIGallery/shutterstock.com

老後に向けて貯金の計画を立てるにあたり、年金がいくらもらえるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業年報」(2018年)によると、厚生年金に加入している人の平均年金月額は、全体で14万3761円(うち男性が16万3840円、女性が10万2558円)という数字に。国民年金の加入者や専業主婦(主夫)がもらえる平均年金月額は、全体で5万5708円(うち男性が5万8775円、女性が5万3342円)となっています。

続きを読む

ただし、これはあくまでも「平均」の金額。実際には、これらの平均年金月額を下回る年金で老後生活を送っている世帯も多く存在しています。

そのため、平均を基準にして老後資金の計画を立てていると、本来の年金額をみて焦ってしまう可能性も。そこで今回は、今のうちに知っておくべき年金の実態や注意点をみていきましょう。

分布データからみる年金の実態

まずは、厚生年金保険(第1号)(※1)と、国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2018年度末)の受給権者数の分布をみていきましょう。
(※1)厚生年金(第1号
厚生年金保険の被保険者のうち、民間の事業所に使用される者。(企業年金連合会HPより)

厚生年金保険(第1号)老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2018年度末)

拡大する

※厚生労働省の資料より編集部作成

国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2018年度末)

拡大する

※厚生労働省の資料より編集部作成


【出典】「厚生年金保険・国民年金事業年報(平成30年)」厚生労働省

どちらをみても、平均年金月額を大きく下回る人が存在しています。とくに厚生年金は、平均から大きく離れた層にいる人も。平均年金月額だけをみて老後資金の計画を立てるのは、得策ではないといえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。