年収400万円台「ふつうの家庭」が貯蓄を増やす4つのコツ

Unitone Vector/shutterstock.com

家計の見直しをしないままの状態で、貯金を後回しにしてはいませんか?新年を迎えた今こそ、「貯金モード」に切り替えるのにぴったりなタイミング。これまでの状況を振り返り、今年はしっかりとお金を貯めていきたいですね。

とはいえ、なかには「いまの年収では貯金できない」と諦めている人もいるかもしれません。今回は、いわゆる平均的なゾーンといえる、年収400万円台の世帯の貯蓄事情にフォーカスしていきます。

年収400万円台=「いわゆる平均」

続きを読む

ではここで、国税庁の「令和元年(2019年)分民間給与実態統計調査結果について(※1)」をもとに、日本の平均給与と貯蓄額のデータを見てみましょう。

このデータによると、給与所得者のうち、1年を通じて勤務した給与所得者(5,255万人/男子3,032万人、女子2,223万人)の1人当たりの平均給与は436万円(男子540万円、女子296万円)となっています。

続いて、総務省統計局の「家計調査」をもとに、年収400万円台世帯の貯蓄額も見ていきます。
(※貯蓄には銀行預金以外に、有価証券や投資信託、そのほか、学資保険や個人年金保険、生命保険などの貯蓄性の保険商品も含めて考えます)

年収400万円台世帯の「貯蓄額」の推移

年収400万円~450万円世帯

  • 2005年・・・743万円
  • 2010年・・・643万円
  • 2015年・・・932万円
  • 2019年・・・861万円

年収450万円~500万円世帯

  • 2005年・・・761万円
  • 2010年・・・773万円
  • 2015年・・・930万円
  • 2019年・・・958万円

こうみると、貯蓄額は時期によって大きく減増しています。2008年に起きたリーマンショックや、2009年3月に発生した日経平均株価がバブル経済崩壊後の最安値を更新、2013年頃からの経済政策「アベノミクス」の効果などが、貯蓄額にも影響を与えていることが考えられます。

そして、直近の2019年をみると、年収が400万円台前半の人は平均861万円、400万円台後半の人は平均958万円の貯蓄があります。平均的な年収400万円世帯でも、年収の2倍ほどの貯蓄をもっている様子がうかがえました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。