株式市場の振り返り-日経平均株価は3日続落、新型コロナ変異種の影響を懸念する動き

2020年12月22日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 26,436円(▲278円、▲1.0%) 3日続落
  • TOPIX 1,761.1(▲27.9、▲1.6%) 大幅続落
  • 東証マザーズ株価指数 1,128.9(▲47.5、▲4.1%) 大幅続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:141、値下がり銘柄数:2,018、変わらず:26
  • 値上がり業種数:0、値下がり業種数:33
  • 年初来高値更新銘柄数:12、年初来安値更新銘柄数:23

東証1部の出来高は10億7,265万株、売買代金は2兆319億円(概算)となり、いずれも概ね前日並みでした。

英国で新型コロナウイルスの変異種が発見され、それが広がっていることでリスクオフモードが強まりました。一方で、その詳細を見極めようとする冷静な動きも見られ、結果的に売買代金は前日に続きかろうじて2兆円割れを回避しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏で推移し、後場は下げ幅を拡大して3日続落となりました。取引時間中の高値は26,639円(▲75円)、安値は26,361円(▲353円)となり、値幅(高値と安値の差)は約278円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで続落となり、下落率は日経平均株価を大きく上回りました。