日本の退職金事情、大卒と高卒でそれぞれ、いくらもらえるか

退職金がない会社もある

ある程度企業で働いた場合、退職金が必ずもらえると考えている人もいますが、会社は必ずしも退職金を支給しなければいけないというわけではありません。つまり、退職金の支払いは会社の義務ではないのです。

厚生労働白書の「平成30年就労条件総合調査」によると、退職給付金制度がある企業の割合は80.5%となっており、約2割の企業が退職金給付制度はないことがわかります。それでは、退職一時金と退職年金制度の割合はどの程度になっているのでしょうか。

  • 退職一時金制度のみ:73.3%
  • 退職年金制度のみ:8.6%
  • 両制度併用:18.1%

多くの企業が退職金一時金制度のみ、もしくは退職金一時金制度と退職年金制度を併用していることがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社で営業・マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。保有資格は証券外務員一種。ツイッターは@yanta2011