「加入期間が短い場合」厚生年金・国民年金は、どのくらいもらえるのか。

加入期間が短いと、年金はどうなる?

先述の通り、年金の受給額はこれまでの加入状況によって左右されます。これまでの加入期間が短い場合、将来受け取れる年金が予想より低くなる可能性があります。

なお、2020年現在の国民年金を受給する要件は「納付期間10年以上」となっています。以前は25年でしたが、2017年8月1日より資格期間が短縮され、納付期間が足りなかった人も受け取ることが可能となりました。

ではここで、「資格期間25年未満の場合の受給額」について、国民年金のみの場合と、厚生年金加入者の場合に分けてみていきます。

【国民年金】資格期間25年未満の受給権者数

~1万円未満

  • 受給権者数…16万1,612人:割合…17.1%

1万~2万円未満

  • 受給権者数…38万1,507人:割合…40.0%

2万~3万円未満

  • 受給権者数…28万2,703人:割合…29.9%

3万~4万円未満

  • 受給権者数…9万6,424人:割合…10.2%

4万円~5万円未満

  • 受給権者数…2万1,452人:割合…2.3%

5万円以上~

  • 受給権者数…1,401人:割合…0.5%

総数…94万5,099人

では、厚生年金の場合はどうなるのでしょう。次で詳しくみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。