株式市場の振り返り-日経平均株価は売りに押されて反落、一時プラス圏に浮上する場面も

2020年12月10日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 26,756円(▲61円、▲0.2%) 反落
  • TOPIX 1,776.2(▲3.2、▲0.2%) 反落
  • 東証マザーズ株価指数 1,156.9(▲13.4、▲1.2%) 続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:739、値下がり銘柄数:1,339、変わらず:101
  • 値上がり業種数:13、値下がり業種数:20
  • 年初来高値更新銘柄数:54、年初来安値更新銘柄数:7

東証1部の出来高は11億8,216万株、売買代金は2兆7,269億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。

今週末にメジャーSQを控え、目立った材料もない中でしたが、一部の主力銘柄を中心に積極的な売買が増えました。結果的に、売買代金は2兆7,000億円レベルまで増加しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は利益確定売りに押されたものの、後場に一時プラス圏へ浮上する場面も見られました。最後は反落となりましたが、底堅さを見せたと言えましょう。取引時間中の高値は26,852円(+35円)、安値は26,639円(▲178円)となり、値幅(高値と安値の差)は約213円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで反落となりましたが、こちらも一時プラス圏へ浮上する場面が見られました。