【新入社員が評価】部下から見た「できない上司」「できる上司」の特徴とは

「こんな上司になりたいな」と思う人もいれば、「絶対この人のようにはなりたくない」と思う上司まで、部下は意外と上司のことをよく見ているものです。上司は部下を評価するもの?いえいえ、実は部下も上司を評価しています。

今回は、「理想の上司アンケート」からみた「できる上司」と「できない上司」の特徴をお伝えします。

「親しみやすい」「頼もしい」理想の上司にランクインするのは誰?

明治安田生命が今春就職を予定している新卒男女および、会社員・公務員・会社経営者・自営業等の社会人を対象(社会人720人、学生1,100人)に2020年1月27日に発表した「理想の上司」アンケートによると、総合ランキングの男性上司第一位は「内村光良」、続いて第二位「カズレーザー」、第三位「設楽統」となりました。また、女性上司第一位は「水卜麻美」、第二位は「天海祐希」、第三位は「いとうあさこ」という結果でした。(2020年新入社員を対象としたアンケート)

理想の上司にランクインした男性・女性ともに、「親しみやすい」「頼もしい」が支持の理由として挙げられました。情報番組で視聴者と同じ目線で話すことに親しみを感じたり、バラエティ番組で果敢に挑戦する姿に頼もしさを感じたり、が今回の結果につながったようです。

また、同アンケートで「新入社員が上司に期待すること」を聞いたところ「的確な指示をしてくれる」「親身に相談に乗ってくれる」「適切な距離感で接してくれる」がランクインしました。理想の上司に選ばれた芸能人が上司になったら・・・と想像してみると、どの方もこの3点をクリアしてくれそうですね!

また、親しみやすさや頼もしさを理想の上司に求める一方で、「知性的・スマートさ」も見られているようです。適度な距離感や適切な指示出しは、やはり頭の回転も良くなければ務まりません。今回、ランクインした芸能人は、その点番組で見る会話などでスマートさがあらわれています。さすが、「理想の上司」ですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。