勝ち組といえる「年収1000万円」「年収2000万円」手取りや生活はどう違う?

「年収1000万円以上」というと、「高給取り」「社会的に成功している」「リッチな暮らしができそう」というイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。平均的な年収が450万円に満たない現代では、年収1000万円、年収2000万円という暮らしは間違いなく勝ち組だといえるかもしれません。実際そのような年収に届くと、どのような生活ができるのでしょうか。手取り額や生活を、さまざまなデータから垣間見てみましょう。

年収1000万円・2000万円の人はどのくらい存在する?

まずは、年収1000万円・2000万円に達している人がどのくらい存在するのか、国税庁「令元年分民間給与実態統計調査」より給与所得者の割合を抜粋してみます。

100~400万円以下:46.1%
400~700万円以下:31.2%
700~1000万円以下:9.2%
1000~2000万円以下:4.3%
2000万円以上:0.5%

年収400万円に満たない層が最も多く、給与が上がるにつれて割合もどんどん減っていくのが分かります。年収1000万円を超えているのは、全体の4.8%しか存在しないのです。また、このデータによると1人当たりの平均給与は436万円(男性540万円/女性296万円)であるそう。いかに年収1000万円、2000万円というのが高い目標であるのかが分かりますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。