「老後難民女子」が懸念される理由。老後資金の準備は女性こそ大きな問題

老後難民―このままでは将来の生活が不安

「老後難民」、あまりうれしくない言葉ですが、これは2010年に出版した本のタイトルとして私が造った言葉です。上梓はもう10年も前になりますが、“人生100年時代”とか”老後資金2000万円問題“といった最近のバズワードで、改めて注目されているようです。

ただ「老後難民」は、”今、生活困窮状態に陥っている高齢者“といった意味で使っていたのではありません。それよりも、高齢になっていくという普通のことが、”自分が思っている以上に経済面で負担となりえる現役層“に向けた、警鐘なのです。

続きを読む

なぜ女性は投資をしないのか

2019年にフィデリティ退職・投資教育研究所が行ったサラリーマン1万人アンケートの結果を、個人年収の金額を回答した人のみを対象に分析すると、女性3,742人の退職準備額の平均値は490万円強と、男性6,666人の平均値548万円弱に比べて1割以上少ないことがわかりました。

また女性のうち投資をしている人は28.8%で、こちらも男性の45.0%に比べると非常に低いことがわかります。こうしたデータから「女性は退職準備ができていない」とか、「女性は投資に積極的ではない」といえるのでしょうか。「老後難民男子」よりも「老後難民女子」の方が多くなるといえるのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照