【麻羽たんぽぽの12月12星座占い】金運をよくするために、今「やること」「やめること」

出費・投資・貯金・働き方、金運をみていきましょう。

今月、12月22日は、20年に一度、木星と土星が水瓶座の1度でピッタリ重なるグレートコンジャンクションが起こります。これは社会の節目と考えられていて、さらに、今年はおよそ200年に1度の大きな節目ともいわれています。

200年前というと、産業革命時代、物質主義や組織といったことが社会の主流となっていきました。これからは1980年~2000年頃に始まった、情報化社会と、それによって広がったフェアで自由度の高い社会が本格的に発展していく、と占いでは読めるのです。

働き方と暮らし方、価値の対象も変わっていくのかもしれません。社会の成長イコール組織の発展ではなく、働く集団は「組織」という言葉に代わる何かが出てきてもおかしくないでしょう。

今月は、太陽は射手座、下旬には山羊座にあります。変化がある時期といっても、今できることを最大限に広げ、未来を見据えて落とし込む準備をするのがテーマになってくるでしょう。

この時代の節目のスタートをより良く暮らし、今後の金運に生かすには、今「やること」「やめること」は何でしょうか?12星座別にご紹介しましょう。さっそく、あなたの星座から読んでくださいね。

2020年12月あなたの金運(12星座)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
麻羽たんぽぽ

和ハーブと森の占い師/(株)森と紙ひこうき代表取締役/(一社)はこねのもりコンソーシアムジャパン理事Webサービス系の企業で10年間、Webサービス企画に携わったのち、占いを学び、占い館等に出演。さらに西洋占星術の関連からハーブに興味を持ち、ハーブを学ぶ。「生活を楽しみ、こころ豊かに暮らすこと」をテーマに、3つの癒し「占い・ハーブ・森林」を研究し実践している。和ハーブコーディネーター、占い師(西洋占星術、タロット)、ハーバルセラピスト、森林セラピスト、産業カウンセラー。ラジオ番組「麻羽たんぽぽの 占いでわくわくワーキング」エフエム熱海湯河原(79.6MHz)にて放送中(第1・3月曜日14時)著書:和ハーブタロット