「大学にかかるお金」子ども1人にどのくらい必要なのか。

大学の学費は、国公立と私立どちらを選ぶか、どんな分野を専攻するか、などにより、だいぶ幅があります。

お子さんが小中学生だった場合などは、「高校卒業後の進路が、理系・文系どちらなのか」なんてまだ分からない…という親御さんが大多数でしょう。

そこで、今回は、文部科学省の資料をもとに、高校後の進学にはどのくらいのお金が必要となるかを見ていきたいと思います。「国立」「公立」「私立」、そして「短期大学(私立)」に的を絞って追っていきます。

続きを読む

「国立大学」にかかるお金はどのくらい?

文部科学省資料から、大学進学にかかるお金について、「国立」「公立」「私立」にわけてみていきます。
から、各学校にかかるお金についてみていきましょう。

次は国立大学に進学した場合をみていきます。

国立・医歯系学部以外(4年間在籍)

242万5,200円

※「入学金」(初年度のみ納入:28万2,000円)と「授業料」(年額53万5,800円×4年分)
国立・医歯系学部(6年間在籍)

349万6,800円

★「入学金」(初年度のみ納入:28万2,000円)と「授業料」(年額53万5,800円×6年分)

参考:「国公私立大学の授業料等の推移」文部科学省

公立大学にかかるお金はどれくらい?

次は公立大学です。公立大学の学費については、「地域内入学者」と「地域外入学者」で費用がかわることがあります。下記は、すべて地域外からの入学者の平均を記載しています。

公立・医歯系学部以外(4年間在籍)

254万7,327円

※「入学金」(初年度のみ納入:39万2,321円)と「授業料」(年額53万8,734円×4年分)
※金額は地域外からの入学者の平均。
公立・医歯系学部(6年間在籍)

362万4,795円

※「入学金」(初年度のみ納入:39万2,321円)と「授業料」(年額53万8,734円×6年分)
※金額は地域外からの入学者の平均。

参考:「国公私立大学の授業料等の推移」文部科学省

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。