60歳以上の無職世帯「貯蓄2000万円超」はどのくらい?

2019年に金融庁のレポートで「老後2000万円問題」が話題となりました。これをきっかけに、老後に向けた貯蓄の目標に「2000万円」を設定されたご家庭もあるのではないかと思います。

なぜ「2000万円」なのかというと・・・

夫65歳、妻60歳の時点で夫婦ともに無職の世帯が、その後30年間2人とも健在であることを前提に、毎月5.5万円の赤字が続いた場合を想定して算出されたものです。

月5.5万円×360カ月(30年)=1980万円

続きを読む

これが、夫95歳、妻90歳までに、公的年金以外に必要となるであろう、とされる金額。「人生100年時代」といった感がありますね。

この2000万円という金額は、現役世代からみるとそう簡単に手に入る金額ではない場合がほとんどでしょう。では、定年退職や相続を経験した人も多いシルバー世代にとっては、どれくらいの位置づけなのでしょうか。

「お金持ちが多い」というイメージを持たれることも多い日本の高齢者。特に、今回は「60歳以上・無職世帯」にフォーカスを当ててみていきます。

高齢者世帯、どれくらい貯蓄があるの?

まず、二人以上の世帯のうち、世帯主が60歳以上の世帯について、貯蓄額の分布を見ていきます。

  • 100万円未満・・・8.5%
  • 100万~200万円・・・3.9%
  • 200万~300万円・・・3.4%
  • 300万~400万円・・・3.7%
  • 400万~500万円・・・3.2%
  • 500万~600万円・・・4.1%
  • 600万~700万円・・・3.5%
  • 700万~800万円・・・2.8%
  • 800万~900万円・・・3.1%
  • 900万~1000万円・・・2.3%
  • 1000万~1200万円・・・6.0%
  • 1200万~1400万円・・・4.8%
  • 1400万~1600万円・・・4.0%⇐中央値(1506万円)
  • 1600万~1800万円・・・3.8%
  • 1800万~2000万円・・・3.3%
  • 2000万~2500万円・・・7.5%⇐平均値(2285万円)
  • 2500万~3000万円・・・6.2%
  • 3000万~4000万円・・・8.5%
  • 4000万円以上・・・17.3%

なお、貯蓄保有世帯の中央値は1506万円、平均値は2285万円です。

※ 貯蓄保有世帯の中央値とは,貯蓄「ゼロ」世帯を除いた世帯を貯蓄現在高の低い方から順番に並べたときに,ちょうど中央に位置する世帯の貯蓄現在高のこと。平均値は一部の「お金持ち」層によって引っ張り上げられますので、「中央値」を参考にするとよいかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。