老後資金、みんなは毎月いくら確保してる?2020年の夫婦の「平均貯金額」

fizkes / shutterstock.com

結婚をして夫婦になると、一緒に考えていくことがたくさん出てきます。その中の1つがお金のことではないでしょうか。子どもがいれば教育資金が必要ですし、自分たちの老後のお金も大切ですよね。人生100年時代と言われることからも、老後のお金は長い目で考えていくことになりそうです。その老後資金について、スパークス・アセット・マネジメント㈱が行った「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2020」を元にして、今の夫婦のお金の実情を見ていきましょう。

続きを読む

夫婦の預貯金額の平均は734万円。貯金管理は妻が主導

スパークス・アセット・マネジメント㈱が行った「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2020」では、夫婦の預貯金額について質問をしています。もっとも回答が多かったのは「1,000万円以上(計)」で27.9%、次いで「100万円〜300万円未満」の18.9%、「100万円未満」の18.6%となりました。また「0円」も13.1%と結果が出ていて、平均は734万円となっています。これは2019年と比べると24万円の減少です。

預貯金額は年齢が上がるにつれて増える傾向にあります。2020年の預貯金額を見ると60代以上と50代では2倍以上の違いがあることもわかりました。

拡大する

夫婦の預貯金額について(出典:スパークス・アセット・マネジメント調べ)

また預貯金を夫と妻のどちらが管理をしているのかでは、「妻が主導で行っている」が52.8%、「夫が主導で行っている」が25.4%、「夫婦別々に管理をしている」が21.8%です。妻主導が半数以上との結果が出ています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。
夫と子ども2人(高校生)の4人家族。
老後のために今からいろいろ策を練ろうと模索中。