厚生年金と国民年金、老後にいくらもらえるのか

sorbetto/iStock

少子高齢化、人生100年時代というワードはすでに周知の事実となり、今現役で働くわたしたちにとって老後の不安は大きくなっています。

日本は「投資の後進国」と言われていますが、今回のコロナ渦を機に若年層も含めて資産運用を始める方が増えているようです。

老後を支える老後資金のひとつが厚生年金や国民年金です。

今回は、厚生労働省年金局による「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」から老後にいくらもらえるかを確認してみましょう。

続きを読む

国民年金はいくらか

まずは国民年金の場合、毎月いくら受給しているのでしょうか。

60歳~64歳・・・41,790円
65歳~69歳・・・56,831円
70歳~74歳・・・56,429円
75歳~79歳・・・55,972円
80歳~84歳・・・56,336円
85歳~89歳・・・54,708円
90歳以上・・・47,803円

国民年金は、65 歳未満の国民年金の受給権者は、繰上げ支給を選択した方となっており金額が少なくなっています。

このように国民年金だけで老後生活するには少ないため、老後の備えが重要になることがおわかりいただけると思います。

会社員の年金はいくらか

では会社員の年金はいくらになるか確認してみましょう。

厚生年金保険(第1号)の年齢別老齢年金の平均は下記のようになっています。


60歳~64歳・・・79,135円
65歳~69歳・・・144,521円
70歳~74歳・・・146,813円
75歳~79歳・・・153,816円
80歳~84歳・・・161,663円
85歳~89歳・・・164,831円
90歳以上・・・160,367円

60歳から90歳以上までの年齢で平均金額が異なっているのは65 歳未満の厚生年金保険(第1号)の受給権者は、特別支給の老齢厚生年金の定額部分の支給開始年齢の引上げにより、主に定額部分のない、報酬比例部分のみとなっているためです。

国民年金とは違って生活費の大部分を年金で賄うことが出来るような金額となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。