コロナ禍で増える「テキパキ買い」。実は節約上手への一歩だった!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の前後、私たちの日頃の行動スタイルは大きく変化しました。買い物に行くときも、三密を避け、店内にいる時間をできるだけ短くするように工夫している、という人は多いでしょう。

それ、時間の短縮だけではなく、実は節約にもつながっているって、気がついてましたか?

買い物は「早く」「少なく」「予定したものだけ」に。

株式会社ONE COMPATHが運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」がおこなった「買い物に関する意識調査」によると、COVID-19の影響で、買い物は「テキパキ買い」に変化してきていることがわかりました。

続きを読む

1つは、買い物の頻度。「ほぼ毎日」という人は、コロナ前に比べて半減しました。それに対し、「週に1回程度」という人は9.4%増。買い物の頻度は減ってきているということがわかります。

2つ目は、買い物をする時間。「30分以上」(「30分~1 時間未満」「1~2時間未満」「2時間以上」を合算)という人の割合が3分の2になったのに対し、「20 分未満」という人の割合は1.5倍に。中には、「頻度が減ったため1回の買い物時間は増えた」という人もいますが、全体的にみると滞在時間は減っているようです。

そして3つ目は、買い物の計画性。「予定していたものだけを購入」という人は、コロナ前の約2倍に急増しました。その代わり、「8 割は予定せず、店頭で判断したものを購入」という人は半減。コロナ前よりも計画的に買い物をする人が増えたようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。